カードローン選びにおいて「金利の比較」はとても大切

リスクを軽減する為にも金額は少量からスタートしては

同じように計算してみると、初回返済時には「利息が約5833円、元金充当分が約4167円」となり、約1.67倍も多く充当される状況になりました。2回目の返済時には「利息が約5785円、元金が約4215円」となり、初回と比較して元金充当分自体はほとんど変わっていないものの、2回返済を行った時点での元金充当総額は8382円ほどとなり、初めて利用した時よりも「少ない返済回数で多くの元金を充当することが出来ている」という事になりました。結局、完済するまでには大変な苦労が必要にはなってしまうものの、3万円の返済をして7500円しか元金が減らない状態と、2万円の返済で8400円ほど元金を減らせることが出来るのとでは、全くと言って良いほど負担が変わってきます。緊急事態や必要性が高まった時にお金を貸してもらえることはとても助かるものの、最終的に完済できない状況に陥ってしまったり、多額の過払い金が発生してしまうような状況は決して良いものではありません。何よりも、返済不能になってしまった時に債務整理や自己破産などを行わなければいけなくなってしまうリスクを考慮すると、「少しでもリスクを減らせる選択」が必要であることが分かります。カードローンを利用する時には「借りやすさ」や「借りられる金額」を重視して選んでしまうことも少なくありませんが、私は経験からも「返済のしやすさ」こそが重視すべきポイントであると感じました。

カードローンは事前に金利や返済方法などに関して調べる
金利を把握して計画的に利用する事が大事
リスクを軽減する為にも金額は少量からスタートしては


最初