カードローン選びにおいて「金利の比較」はとても大切

金利を把握して計画的に利用する事が大事

その結果、ほぼ同じ金額を利用したにもかかわらず完済までにかかった期間と返済中の負担は全く違ったものになりました。まず、初めて利用したものの契約内容は「借入れ金額50万円、金利18.0%」と言うものでした。私の場合、毎月の返済金額は1万円を基準として余裕がある時には多めに返済するという状況でした。月々の返済に対する内訳としては、単純計算で「利息7500円、元金2500円」となる為、1万円の返済ではほとんど残高が変わらないという状況になっていました。例えば、初回の返済時に元金が2500円減少する為、2回目の返済時には「利息が約7463円、元金が約2538円」となります。初回と比べると38円ほど多く元金として充当することが出来ていますが、内容としては全くと言って良いほど変わっていないと言っても良いレベルです。同じように3回目の返済時には「利息が約7424円、元金が約2576円」と初回よりも76円ほど多く元金に充当できては言えるものの、そもそもの元本が「3万円返済して7614円ほどしか減っていない」と言う結果になります。ところが、2回目に私が契約した時の内容としては「借入れ金額50万円、金利14.0%」という状況に変わったため、返済効率も良くなりました。

カードローンは事前に金利や返済方法などに関して調べる
金利を把握して計画的に利用する事が大事
リスクを軽減する為にも金額は少量からスタートしては


最初